ing
トップページ » 道しるべ » 8/15 全米プロゴルフ選手権

道しるべ

8/15 全米プロゴルフ選手権

今回はお盆休みでもあるので、ちょうど期間中に開催された「全米プロゴルフ選手権」の話題を少し。
 
この大会は、世界4大メジャー競技の1つとされ、1916年から開催される歴史あるゴルフ競技でもあります。
そして、今年のヒーローは、新進気鋭の若干23歳の「ローリー・マキュロイ」という選手でした。
                          
 
彼は、昨年に全米オープンでトータル16アンダー、2位に8打差をつける記録でメジャー初制覇を成し遂げたばかりでもあり、1923年の全米オープンを制覇したボビー・ジョーンズ(当時21歳)に次ぐ年少記録とか、「最も将来を期待されている若手」と評するメディアもあるのも頷けます。
 
今回もやはり2位に8打差で、結果ぶっちぎりの優勝となり、プレー映像を見ながら手放しで拍手を送りたいほどの見事なスイングを初めそのプレーぶりに、芸術的な美しささえ感じました。
 
でも、もっと感じ入ったのは、彼の競技後のインタビューでした。
 
*プロとしてファンから「好きなゴルファー」と言われるより「好きな人」と言われたい。
*ただゴルフが好きなんです。
*ファンの声掛けやサイン要望にも気軽に応えたいです、その人にとって特別なものであり、かつて自分もそうでしたから。
*世界的な偉業を達成する事に興味はありません、ただ毎日真摯にゴルフに取り組んで行く事が自分にとって大切で、どんな結果であっても僕は満足です、、、等々。
 
技術のみならず、心のあり様も超一流だと感心しました、爽やかなプレーぶりや人間性に、間違いなく次世代のヒーローになっていくでしょう。
 
また、新しい楽しみが出来ました。
2012-08-15 04:48:41 | RSS